09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

和歌山紀淡海峡(友ヶ島海峡)にて真鯛を狙う ~鰯ベイト攻略がカギ?~ 


01-20130822_09.jpg
 午前7時前に泉佐野に到着。荷物を積み込み、同船者が集合したところで、午前8時出航。


02-20130822_14.jpg
 関西国際空港につながる橋をくぐり、船は紀淡海峡方面へ南下すること1時間、ようやく和歌山紀淡海峡の近くの地ノ島の北側に到着。スパンカーが立つと、南に船首が向いている。正午頃に潮止まりとなるので、正午を挟んで前後たっぷりと潮が動き、そして時合がありそうだ。問題は、普段、エアコンの効いた室内で、冷汗は出ようとも、額からポタポタ汗が落ちるようなことがない環境で仕事をしている軟弱な身にとって、今年は猛暑だ、今年も猛暑だと言われて久しいが、真上から急転直下で降り注ぐ熱射に耐えることが出来るかどうか、つまりは釣りを続けることが出来るかどうかが、今日の釣果に結びつきそうな予感。


03-20130822_21aaa.jpg
 タイラバが好調なN氏。真鯛に続いて太刀魚。水深は50m前後で、日本海の100m超え、ジグの重さ200gを考えると、随分と身体への負担は少ない。時折、スピニングタックルで果敢に、激しくロッドを操るN氏の姿がチラリと見えるが、どうしてか、反応があるのはタイラバのみとのこと。

 どうやら8月の今の時期は、鰯がメインベイトになっているらしく、基本的にはベイトボールを魚探で探っては釣りをするスタイルのようだ。船上では、ダイワのTGベイトなる、タングステンのジグがヒットルアーのようであり、このジグを使用していれば、サバ、アジ、サワラ、マダイなどなど、何でも釣れてしまうようだ。ベイトとなっている鰯のサイズは、5~7cmぐらい。日本海仕様のジグでは、どうにもこうにも太刀打ちできない。

 船長から、“TGベイトでしか釣れませんよ~TGベイト、TGベイト~~TGベイト持ってないの~”なる無神経なお言葉を頂くが、事前に電話で助言を請うた際に、“何でも釣れます”的なことを言っておきながら、これではモチベーションが下がってしまう。それより、どのタックルを使い、どのジグを使い、どのようなアクションで釣れるのかを探し出していくことが、釣りの楽しみなのに。その日の結果を見てからなら、誰でも好きなことが言えるわけで。おまけに日本海でやるようなジャークでは釣れないとの助言を頂くが、いやいやそんなことは無いのだ。


04-20130822_44aa.jpg
 懐かしのザウルスの多治見ジグ80gでワンピッチ・ワンジャークや、丹後ジャークの短いバージョンなどを織り交ぜて、斜め引きをしていると、3度目のフォーリングの際にラインが走った。瞬間的にフッキング。ロッドが一気に極限のカーブを描き、乗ったかと思いきや、数秒でフックアウト。フックを見ると、太軸がポッキリと折れていた。昨年、加太漁港の三邦丸で出船した際にも、同様にフックを折られたことを思い出した。実はこのフック、デコイのもので、魚が掛かっても伸びないというのが売り文句なのだが、これは青物には最適であるが、口と歯が猛烈に強靭な真鯛には、逆に伸びない代わりに折られてしまうことになり、不向きであるということが分かった。諸刃の剣。また、ゲイプが深すぎると、真鯛の唇を通り越して、歯の奥の硬い部分にフックの先端が当たり、大きすぎるのも、真鯛の口には合わないようで、小ぶりなフックのほうが良いようだ。


05-20130823_02.jpg
 折れてしまったフック(手前)と真鯛の唇を捉えることが出来るフック(奥)

 その後、タイラバ(18号、ピンク金色、オレンジスカート)に待望のアタリ。ついつい最初のバイトでフッキングをしてしまうバス釣り魂を抑え込んで、意に介せず状態でゴリゴリ巻き続けると、ロッドが絞り込まれた。これで乗ったのか?若干、不安になりつつラインを巻き続けると、青い海に、白い魚影・・・海面にぷかりと横たわると、綺麗な桜色の真鯛が姿を現した。48cm。場所は、地ノ島の北側のノンダ。


06-20130822_47aa.jpg
 日本海仕様のスピニングタックルで、果敢に丹後ジャーク(短い目)を繰り返す。またもや3度目のフォーリングで、ガシッとアタリ。ロッドを支える右手の感触で、大物を予感。鰤並みの引きだ。フックは小ぶりなものに交換済みなので、これからと言う時に、フックがボッキリということは無い。何度となく、ドラグが回転してラインを引き出される。時折、真鯛特有の引きがロッドに伝わってくるが、圧倒的なトルク感に、本当に真鯛かなと疑心暗鬼になると同時に、タイラバ専用のペナペナロッドでこのサイズが掛かってしまったら、大変だろうなと、相変わらず真上から照りつける太陽の暑さをすっかりと忘れて数分後、白い魚体が見えた。75cmぐらいの真鯛。場所は、地ノ島の北側のアカマツ。


07-20130822_51.jpg
 正午ごろの潮止まりを境に、魚の活性が下がり、全体的にヤル気のない雰囲気が船上に流れる。ベイトロッドに多治見ジグを付けて、緩やかなワンピッチ・ワンジャークで遊んでいると、海底から10m付近でロッドが絞り込まれるようなアタリ。鋭くフッキングを入れると、ラインテンションが無くなってしまった。その後、かなり経過した後にアタリ。今度は慎重に巻き上げてから大きく合わせを入れてみると、どうやら上手くフッキングしたようだ。上がってきたのはサバ。場所は、上に同じく、地ノ島の北側のアカマツ。


08-20130822_52aaa.jpg
 N氏は着々と釣果を重ねている。ロッドが根元から曲がる猛烈な引きがあったが、無念のバラし、なども加えると、魚のアタリは両手では足りないのでは。これは真鯛。45cmぐらいだろうか、食べて良しのサイズ。


09-20130822_67.jpg
 午後3時、陽が随分と傾いてきているが、依然としてそのエネルギーは衰えず、身体全体で照射を吸収する格好になる。激しい喉の渇きを麦酒でグビリとやれば最高だろうなと妄想しつつ、スポーツ飲料で潤す。地ノ島と沖ノ島の間の激流地点ナカト、地ノ島の東側ヂノセト、ウチノマエなど、転々と移動しながらの釣りが続くが、午前中の活況とは裏腹にポツポツと拾い釣りをする感じ。午後6時前に、地ノ島の北側でラストの真鯛をタイラバで仕留めて納竿となった。


 今回、船長に風景の写真を撮るなと警告があった。撮影した画像を全部消せと。更に写真を撮っているから釣れるポイントに入れないと。ならば最初にその旨を言ってくれれば良い。終盤になって何を今更。この辺りのポイントは、別に珍しいことも無い普通のポイントで、現に多数の遊漁船がひしめき合っている海域だ。こちらは単純に風景の撮影をしていただけなのに。巷には、GPS搭載の電子機器が多数出回っている。本当にポイントを盗むのなら、GPSを使用すれば容易いこと。他にも予約時から、嫌な思いを多数したし、更に色々と細かい(ただの趣味的な)規定のようなものがあるのなら、HPに記載すべしで、予約時にその旨を乗船者に伝えれば良い。更に当日にも再度伝えれば良い。後になってから次々に細かいことを言われてもなぁ。本命が数匹釣れて満足なはずだが、後味が非常に悪い結果となった。当然ながら、人と人なので、相性があるので何とも言えないが、まぁ、泉佐野からジギング船に乗る際には、ご注意を。逆にこの船の良い点を書いておくと、魚を素早く絞めてクーラーボックスに入れてくれるので、地合いに釣りに集中出来るということと、満足な釣果が得ることが出来るよう、時間延長をしてくれるところ。


あぁ~、日本海のジギング船が恋しくなってきたなぁ。



■釣行データ
 釣行日:平成25年8月22(木)
 潮回り:大潮
 天気:晴れ、猛暑
 時間:午前8時出船、午後7時帰港
 ポイント:和歌山県 友ヶ島周辺
 釣果:マダイ75cm、48cm、45cm、マサバ45cm

同行者の釣果:
 N氏:マダイ4匹、太刀魚1匹、アコウ1匹

■潮汐
20130822_3012_03.png

出典:Tide736.net(http://tide736.net/


■使用タックル
(1)ジギング用
 Rod: Shimano Ocea Jigger 584S
 Reel: Shimano Stella 6000PG
 Line: PE 2.5
 Leader: 30lbs
(2)ジギング用
 Rod: Daiko Hemingway HWVS-62/4
 Reel: Shimano Stella 8000PG
 Line: PE 2
 Leader: 30lbs.
(3)タイラバ用
 Rod: Shimano Game Type LJ B631F
 Reel: Shimano Calcutta 201
 Line: Duel Hardcore X8, PE 0.8, 16lbs.
 Leader: 16lbs.
(4)タイラバ用
 Rod: DAIKO Jacker JB-60/3
 Reel: SHIMANO AXIS101
 Line: PE 1
 Leader: 16lbs.


10-20130821_04.jpg
 釣れなかったジグ


11-20130821_01.jpg
 真鯛2匹を釣ることが出来たタイラバ


スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 国道9号と国道27号、いざ舞鶴へ ~ふらり道の駅~  |  京都府北部 丹後半島の旅 ~海に潜り、温泉に浸かり、ビールを飲む~ »

コメント

いい釣りされてますね~、と言おうと思ったんですけど
レジャーで行っているのに船頭さんに気を使いながらというのはちょっとしんどいですね(^_^;)

まだ釣らせてくれるだけいいですけど、餌釣りの乗合船で上客さんに釣らせるためか、全然釣れない日にようやく小さな鯛が釣れてポイントが見つかったのに早々と移動してしまったなんて話を聞いて、高い金取って偉そうな商売するんやな~、と思ったものです。


さて、近郊の釣りのほうですが小サバ、カマスのライトタックルフィーバーも終わり、そろそろタチウオや青物のシーズン開幕か?といったところです。
明日は雨でなければ様子を見に行くつもりですが、空模様はどうでしょうね~?

yot #- | URL | 2013/08/24 17:51 * edit *

ええ真鯛やっつけてるなー!
こんな日は気分よくビールをグビッと行きたいところ、その船頭じゃ台無しだね。

tam #- | URL | 2013/08/25 13:54 * edit *

はじめまして
いつも楽しくブログを拝見しております。
ブログも最近作り始めたのですがこちらで知った潮汐表を貼り付けております。参考にさせて頂きました。すみません。
現在紀淡海峡をメインにジギングをしており今回の記事も興味深く拝見しました。
ここ最近アタリは非常に多いのですがバラシがまた多く悩んでいます。
恐らく鯛だと思います。
今回アップされていた鈎の小ぶりの方ですが写真ではわかりにくいのですがどれくらいのサイズでしょうか?
色々試行錯誤が楽しいですね。

それとこの海の鯛はめっちゃうまいですね。
昨日それで料理屋に持って行き一杯やりました。

dart13 #- | URL | 2013/08/25 18:58 * edit *

ひさしぶりです。

こんばんは。
嫌な船頭やけどいいサイズの鯛がつれて良かったね。
遊漁船してたら、ポイントバレルのなんて普通やのに虫がよすぎるわ。
自分もやっと気分が、落ち着いてきたんで24日の雨の中淡路に行ってきたで。
釣果はケータイにメールするわ。

白ねこ #- | URL | 2013/08/25 22:49 * edit *

yotさん、こんばんは!

書き込みありがとうございます。
週末に用事があって出かけており、返事が遅くなってしまいました。

さてさて、乗合船はやはり常連さんが大事なので、一元客はやっぱり二の次になってしまうようですね~。良い船を見つけても、せいぜい月に1回~2回程度で、そんなに頻繁に船に乗ることも出来ませんので、なかなか常連客にはなれません・・・。自分で船を持つか・・・なんてことは夢ですしね~。


>そろそろタチウオや青物のシーズン開幕か?
 なるほど~そろそろそんなシーズンですね。2年前に神戸に帰ってきたときは、仕事が終わってから夜な夜な(と言っても数回ですが・・・)4突にタチウオ釣りに出かけましたが、周りの方々は釣れているというのに、私のロッドは曲がらず・・・ということで数回で行かなくなったんですが。

今シーズンは、ちょっと気合を入れて、タチウオ狙いをしてみようかな・・・なんて思ってます。ここ数日は、猛烈な暑さが消え去っているのでチャンスか・・・。釣行をした際には、釣れても、釣れなくても(←この可能性が高いですが)ブログにアップしま~す。

また情報提供も宜しくです!

donfan #mQop/nM. | URL | 2013/08/26 19:03 * edit *

だよな~

tam、まいどです。

ビールをぐびぐびぶはぁ~と行きたいところやけどねぇ~。テンション下がったまま。巨大な真鯛は、結局、自分でさばくのを断念して、近くのレストランにプレゼントしました。ちょっとサイズが大きすぎるので、刺身にはいまいちかも知れないけど、煮物や焼き物では、それなりに食べることが出来たんじゃないかな~。

40cmぐらいが食べごろらしいので、このサイズを狙い撃ち出来るような技術を身につけたいな~なんて、勝手なことを妄想する今日この頃。なんかワザ知ってる?

donfan #mQop/nM. | URL | 2013/08/26 19:09 * edit *

はじめまして

dart13さん、はじめまして。
我がブログをご覧いただきありがとうございます。紀淡海峡へは、たまにしか釣行していないのですが、なかなか魅力的なフィールドですね。そんな紀淡海峡がホームフィールドとのことで、羨ましい限りです!

ブログも拝見しました。しっかりと真鯛をキャッチされていて、さすがですね~。

紀淡海峡での真鯛狙いの経験が浅いので、聞き流して頂ければと思うのですが・・・

イワシがベイトになっている時には、真鯛以外にもシーバス、サバ、アジ、サワラなどもイワシを捕食しているようで、フッキングしているのに途中でバレてしまうのは、真鯛にしっかりとフッキングしていないか、もしくは、シーバスやアジなどの口の柔らかい魚がが掛かっていて、口切れしているのかも知れません。特にロッドが固いと口切れが多いようです。


私が使用した小さいほうのフックは、(すでにフックのパッケージを全て捨ててしまったので、何号かサイズが分からいのですが・・・)、懐の幅を測りましたところ1.4cmでした。あまりゲイプが大きいと、真鯛の唇の奥の方に針先が当たって、うまくフッキングできないようです。ご覧になったかも知れませんが、先日のテレビ番組(ダイワのザ・フィッシング)では、かなり細軸のフックが使用されていて、その方がオートマティックにフッキングできるようで、更にばらしも少ないとのことでした。もしご覧になっておられないようでしたら、ダイワのHPでご覧になれます(←確認しましたが、まだアップされていませんでしたので、そのうち見ることが出来るようになると思います)。

ダイワ 動画
http://www.fishingch.jp/index.html


紀淡海峡の真鯛は絶品ですので、また(船を変えて(笑))釣行したいと思いますので、良い情報がありましたら教えてください!

donfan #mQop/nM. | URL | 2013/08/26 19:52 * edit *

釣れましたかぁ~

白ねこさん、こんばんは~。

気分が落ち着いてこられたとのこと、ちょっと安心しました。

24日の中淡路、釣れました?
う~む、狙いはなんだったんでしょうか・・・。陸からのポイントをたくさんご存じなんで、わざわざ(高いお金出して、嫌な思いして(笑))船に乗らなくてイイですし、更にしっかりと釣っておられるんで、いつもイイなぁ~と、羨望のまなざしです。

船の釣りももちろん面白いんですけど、釣りの原点は陸っぱりかもなぁ~なんて、今回の釣行で感じた次第です。今シーズンは、陸っぱりも織り交ぜて、楽しもうかななんて思ってます。


>嫌な船頭やけどいいサイズの鯛がつれて良かったね。
そうですね~(笑)
ダイワのTGベイトを持っていなかったからこそ、ワンピッチ&ワンジャークにこだわらなかったからこその釣果だなぁ~と思ってます。でも、次回、紀淡海峡に釣行する機会があれば、TGベイト買おうかな・・・なんて(笑)

donfan #mQop/nM. | URL | 2013/08/26 20:17 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/08/26 23:53 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/05/24 17:41 * edit *

風景撮影禁止ですか…
友ヶ島周辺は昔から本職さんとの縄張り争いトラブルが多いとこで、とあるポイントでは周辺漁協に属さない船が釣りをしていると監視船にポイントから出て行けと怒鳴られることがあります。
ひと昔前は投石を受けたり、船を横付けして乗り込んでくることもあったようです。
恐らくその船長も友ヶ島周辺での遊漁の証拠写真を残したくなかったんじゃないですかね…
特にブログの載せられ本職さんの目に触れると動かぬ証拠になってしまいますし…

実際に紀北のジギング船を含む遊漁船では場所が特定できないように釣果写真の背景が加工されていることはよくあります。

土地にはその土地の事情があったりするものです。決してポイントを知られたくないとか、嫌がらせで撮影禁止と言ってるわけではないと思いますよ。

通りすがり #mQop/nM. | URL | 2015/07/21 05:21 * edit *

通りすがりさん、情報提供ありがとうございます。

なるほど、そのような事情もあるんですね。知りませんでした。

この釣行以来、この釣り船は使用していませんが、せっかく時間を作り、お金を払い、釣りを楽しもうと思っていたので、なんだかとても嫌な気分になりましたが、それぞれ事情があるといこうとで・・・。それならそうと最初に言ってもらえれば良いんですけど、そうもいかず・・・ということだったんですね~。

donfan #mQop/nM. | URL | 2015/07/21 20:37 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/74-dcd7bc49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)