fc2ブログ
02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

神戸港ショアキャスティングゲーム ~爆風耐久釣行、時合に巡り合い~ 

 新たな鯵のポイントを開拓しようと、釣り場で知り合った方と某所にて待ち合わせ。あまり釣れていないのか、青物狙いの釣師は皆無。冷たくなった指先を温めつつ準備を整えて、午前6時、釣りを開始する。自作の2本針のバチコン仕掛けに一誠のバルキースパテラをつけて投入する。開始早々に20㎝ちょいの鯵を追加して、心が躍るが後が続かず。潮が良い感じに流れだしても反応が無く、諦め半分で足元をテクトロで誘って、辛うじて鯵2匹を追加。既に釣りを開始して3時間が経過している。


 このままでは終われない。二人していつもの場所を確認がてら、場所を移動する。既に人はまばら。顔見知りに状況を確認すると、午前8時頃に鯵の群れが何度か通過したらしく、その際にバタバタと釣れて数匹の釣果とのこと。冷たい爆風が吹き始めている。しかもそれが横風のため非常に厄介で、繊細な操作はほぼ不可能。苦戦しつつも、何とか鯵を追加する。


01_pc011357.jpg
 南西角に入る。風対策として、シンカーを28gに変える。色々とワームを付け替えたが、振り出しに戻って一誠のバルキースパテラの活白。爆風に煽られながら仕掛けを投じて、仕掛けの着底を確認した後に、縦にパンパンっと誘ってからのテンションフォール。ワームが馴染んだところで水平移動。そして縦の動きを繰り返す。満潮からの下げ潮が効いて、カタクチイワシの幼魚がキラキラと輝きながら流されている。風が緩んだ瞬間を狙って仕掛けを投じては誘いをかける。ジワッと引っ張るようなアタリ。風が強くラインが撓んでいるせいか、最初のアタリを感知できず、ジワッとしたアタリを捉える。ロッドが曲がり、良い感じに小刻みに揺れいてる。鯵20㎝。

 鯵が溜まっている場所を発見して、その後、次々にロッドが曲がる。9匹をほぼ連続で掛けて、更に数を伸ばそうと鼻息が荒くなっているその時に、突風が吹き抜けたかと思いきやポツポツと雨粒が落ちてきた。後ろ髪を引かれつつも、潮時と無理矢理に納得して、素早く撤収をした。帰り際に、丸亀製麺で暖かいうどんを啜って、至福の時間を過ごす。


02_pc011360.jpg
 場所を移動してからの釣果。鯵10匹。


03_pc021364.jpg
 干物。


■釣行データ
 釣行日時:2023年12月1日(金)午前6時00分~9時00分、午前10時30分~午後1時30分
 潮回り:中潮(3:01干潮→10:00満潮)
 天気:曇り時々雨、気温:6度~、水温:17.4度
 ポイント:神戸港(OR→IT)
 釣果:鯵13匹(20㎝前後)

■使用タックル
 Rod: VARIVAS Violente VLL-82-T
 Reel: Shimano Complex CI4+ F6 2500HGS
 Line: PE 0.6号
 Leader:フロロカーボン12lbs

■使用ルアー
 ・自作のバチコン仕掛け(2本針、12lbs+8lbs、レベリングヘッド0.3g)
 ・ISSEI 海太郎 バルキースパテラ 2.5インチ(ピンクグローレインボー、活白)
 ・ISSEI 海太郎 スパテラ 2.5インチ(ピンクグローレインボー、うまシロエビ)
 ・KEITECH Easy Shaker 2.5インチ(クリアーシルバーグロー、ピンクシルバーグロー)
 ・JACKALL ペケリング2.5inch(パールホワイト)
 ・DECOY Stick DS-6H 28g、21g、18g
スポンサーサイト



テーマ: ソルトルアー

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 神戸港ショアキャスティングゲーム ~爆風、パターンハマる~  |  神戸港ショアキャスティングゲーム ~衝撃、パターンを嵌めた釣師の技~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/794-e808a8ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)