10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

A Happy New Year ! 


01-20130104.jpg
あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。


03-20131231_19.jpg
 世間では、昨年は「輪」を象徴する1年でした。今年はどのような年になるのでしょうか。最近、時間の流れる速度が特に早く感じるようになり、惰性で暮らしていると何もせず1年が終了と言うことになり得るので、1年後に振り返った時に悔いのない充実した年にしたいものです。仕事のことはさておき、ジギングでは、今年こそ10kg超えの鰤を仕留めたいものです。ライトゲームでは、ポイント開拓や新たな釣法、新たな魚種への挑戦の中でプロセスに重きを置いて釣りを楽しみたいものです。また、なかなか実現は難しいですが、国内海外を問わず、遠征をしてロッドを根元から絞り込む大物と対峙してみたいものです。キャンプ、ダイビング(日本に帰国以降は全然出来ていませんが)、シュノーケリング、ゴルフなどなど、まさに下手の横好き状態ですが、楽しめる時にとことん楽しむ方針で色々と挑戦したいものです。

 釣行記と言うか珍道中については、引き続きオレスタに記事をアップしますので、暇つぶしにでもご覧ください。


02-20131216_21.jpg
 ルミナリエの頃には、きっと1年分の経験、知識、感動、屈辱、進化、劣化を伴っている自分が神々しい光の輝きを見上げていることでしょう。

Have a good fishing !
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 「思う存分、闘うがいい」 ~ジギングタックル更新~  |  淡路島メバリング釣行の予定がカサギング ~北西の風に翻弄され~ »

コメント

あけましておめでとうございます。

去年は、一緒にエギングしか行けんかったから、今年は一緒に引き出しを
増やしましょう。

白ねこ #- | URL | 2014/01/06 21:42 * edit *

白ねこさん、あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします!

昨年のエギング釣行では、エギングの楽しさやテクニックなど色々なことを教えて頂き、すっかりエギングに魅了されました。今年のエギングシーズンが待ち遠しいです。


1月末の淡路島釣行、宜しくお願いします。今から楽しみです。ボーズを回避するために、パワーベイトを買っておこうかと・・・。

donfan #mQop/nM. | URL | 2014/01/06 22:24 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/01/08 21:29 * edit *

バヌアツ

辻村さん、明けましておめでとうございます。ご無沙汰していますが私達はまだフィジーにいます。今年で6年めに突入です。こんなに長くフィジーに住んでいる日本人は私達を含めて数えるしかいませんよ。実は私は未だに辻村さんのフィジーのブログを時々参考にさせてもらって活用させてもらってます。何回読んでも面白くって本当に私のガイドブックになっています。今回メッセージを送ったのはホリデーでバヌアツに来ていますがこの時もブログを活用させてもらいました。残念ながらフィジーと同様バヌアツもその当時辻村さんがコメントしていた幾つかのレストランは潰れていましたが、Lhoustaletは健在でバヌアツ牛を堪能しました。明美さんもりょうがくんもかいらくんもげんきですか。綾も今年は14歳です。すっかりフィジーの生活に慣れ先進国に戻れるのか怪しくなりました。私も辻村さんのようにフィジーのその後をアップデイトしたいところですが、やはりあそこまで詳細に伝えられることができるのは辻村さんだけですね。スバは今道路もキレイに舗装し始め、damodar cityという映画館を含めたショッピングセンターができ、どんどん先進国化をしていますよ。日本版のブログも読ませてもらいましたが、やっぱりなにが起こるか分からないフィジーのブログの方が笑えます。またフィジーにくることがあれば第2弾も書いて下さいね。ゆみこ

山口 由美子 #- | URL | 2014/01/09 20:03 * edit *

ご無沙汰です。

山口さん、本当にご無沙汰しております。

 何とまだフィジーで生活されているんですね!驚きです。最近、日本のテレビで、フィジーのことがたびたび取り上げられるので、その都度、懐かしく当時の生活を思い出していますが、細かい記憶は忘却のかなたになっていて、凄く楽しかったことと、凄く腹が立ったことが、まずはよみがえってきます。特にフィジー人については、明暗が激しくて、未だに笑えたり、頭にきたり(笑)。


 ファイジーは、なんといっても大洋州では最も発展している国ですので(豪、NZはもちろん除きますが)、周辺の国々と比較すると、それでも色々と充実しているなと思います。
 ところでインターへ向かうノコノコ・ロードって完成したんですかね。私がフィジーにいた3年間で、道路の名の通りのノロノロな工事の進捗でしたからね~。

 バヌアツに旅行されたんですね。バヌアツ人は、人種的には、フィジー人より、メラネシアンの血が濃いので、フィジー人のような威圧感はなく、フィジー人とは対照的にシャイですよね。少し島が離れるだけで、こんなにも違うのか・・・と初めてバヌアツを訪れた時は思いました。

 Lhoustaletは、まだやっているんですね。ビラでは、老舗ですからね。
フィジーでは、なかなか美味しい牛肉が手に入らなかったので、バヌアツに出かけたときは、ランチもディナーもヒレ肉のステーキばかり食べていました。思えば、最初のころは牛肉をフィジーに持ち帰っていました(笑)←もちろん、ちゃんと通関手続きしてますよっ。

 Lhoustaletの牛肉は最高ですよね~。あの濃厚なソースがたまらんです。バヌアツの牛って、日本の企業が、和牛をベースにして育てているようなので、やはり味については、抜群なんでしょうね。タスカー・ビールも美味いですよね。こちらも外資が入ってますが、なかなかです。英仏の植民地支配を受けていた影響で、パンやパイなども最高に美味い・・・。思わずテンションがあがってしまいました。カバはマズイですけど・・・・。


 色々と思い出していると、少し現実逃避が出来て楽しかったです。日本の生活も、それなりに楽しいですが、やはりフィジー&バヌアツでの生活は楽しかったな~と、最近、つくづく思います。何もかもが手に入るからといって、生活が充実しているとは言えないんだな~~~っと。

 生活環境が厳しいですが、フィジーをまんきつして下さ~~い!

donfan #mQop/nM. | URL | 2014/01/11 22:39 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/84-cb8d93b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)