05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

カルカッタ201・アクシス101にパワーが欲しい。~カスタムハンドル装着~ 



 瀬戸内や和歌山でジギングをする機会が徐々に増えてきており、今までは、手持ちの取りあえず的なベイトリールで凌いできたものの、小さなハンドルつまみを人差し指と親指で実にこじんまりと、“OK”のような形を手で作って、そしてハンドルを挟み込んで100g程度のジグを操作するために懸命に小さなハンドルを回し続けると、結果、中盤に差し掛かったあたりで指先が痛くてたまらなくなり、そんな状況で上手く魚が掛かったとして、それは、あ~苦痛悶絶の瞬間となり、魚の引きを楽しんでいる場合で無い、という惨状になっていたので、常々、どうしたものかと悩んでいたところ、良いハンドルを発見したので付け替えることにした。


01-20140111_01.jpg
 スタジオ・オーシャンマークAC30-S。青色と濃紺の2本をチョイス。

スタジオ・オーシャンマーク
http://www.studio-oceanmark.com/


02-20140111_04.jpg
 シマノの05カルカッタ201とアクシス101。両機ともに、すでに旧モデルで、かなり老朽化が進んでいるが、まだ何とか現役で活躍中しており、ハンドルを交換することによる延命化を期待。


03-20140111_03.jpg
 カルカッタ201とSOM-AC30Sのハンドル長さの違いはこの程度。ハンドル軸からノブまでの長さは、純正が42mm、そしてカスタムハンドルが53mm。数字を見るとわずか11mm。本当に効果があるのか、すでに怪しい雰囲気になっているが、もう時すでに遅し。同じくスタジオ・オーシャンマークのAG37VII(長さ65mm)の方が良かったのかな、なんて若干の焦りが。


04-20140111_08.jpg
 ハンドルを軸に差し込んで、純正の固定ナットを取り付ける。作業は円滑に進むとばかり思っていたのだが。


05-20140111_09.jpg
 するとすぐに問題発覚。ナットに高さがあるので、カスタムハンドルに付属しているリテーナを兼ねた飾りキャップが浮いてしまって装着できない。さらにシマノの左巻きのリールのナットは、逆ネジ(左ネジ)になっているので、カスタムハンドルに付属している純ネジのナットは使えない(ネジの切り方が反対なんですね)。コーナンや東急ハンズで逆ネジのナットを探すが、どこにも無い。実は、このナット、かなりマニアックなもので、M7サイズの逆ネジなのだが、そもそもM7の規格のナット自体が通常のショップでは手に入らないことが判明。


06-20140111_11.jpg
 結局、同じシマノのアンタレスの左巻きのナットが、袋ナットになっていなくて、同じくM7で逆ネジであることが分かったので、釣り具店で注文。お値段は1つ210円。イメージしていた形状と異なるが、まぁ取りあえず良しとする。


07-20140111_13.jpg
 ナットを比較。左から、純正の固定ナット、アンタレスのナット、カスタムハンドルに付属していたナット。


08-20140111_14.jpg
 ここで更に問題が発覚。カスタムハンドルのナットはこのようにぴったりと合うのだが。


09-20140111_15.jpg
 アンタレスのナットは軽量化に徹しているらしく、外径が小さいので、随分と隙間が出来てしまう。つまりは、カスタムハンドルのリテーナを装着しても、ナットが小さいので、ナットの緩みを防止するリテーナが機能しないことになる。困った。


10-20140111_12.jpg
 アンタレスのナットを締め込む。どうやらアルミ製らしく、慎重に締め込まないとナットの角を舐めてしまうので注意が必要。実は、1つ舐めてしまった。


11-20140111_16.jpg
 やむを得ないので、シマノ純正のリテーナをそのまま使用することにする。


12-20140111_17.jpg
 シマノの純正のリテーナの上からカスタムハンドルのリテーナを被せて、まとめて付属のネジで締め込む。微妙にネジの長さが足りないような気がするが、取りあえずこれで良しとする。ちなみに、リテーナを締め込むための、長めのネジを東急ハンズで購入したものの、微妙にネジの頭が大きくて、このカスタムハンドルのリテーナには使用出来ないことが判明。なかなか手強い。


13-20140111_18.jpg
 何とかハンドルの装着成功。お蔵入り寸前のリールが復活した。


 この後、ラインの巻き替え作業をしたところ、わずか数ミリしかハンドルの長さが変わっていないのに、ハンドルのノブ自体に重みがあるのも手伝って、非常にハンドルが回しやすく、力強くなっていた。どうやらこのカスタムハンドルは、ハンドルを回した時のバランスが崩れないようにとの配慮で、ノブが無い側にもウェイトが付いていて、これがハンドルの回転のバランスを良くしていることも分かった。


 しかし、世の中には左巻きのハンドルも多く存在しているし、恐らく逆ネジが使われているリールもあると思うので、この点にも配慮して、ナットを付属させて頂きたいところ。皆さん、どの様に装着されているのでしょうか?良いアイデアがありましたら、是非、教えて下さい。
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 遠路はるばる愛媛県今治市沖ジギング ~耐久タチウオ・ジギング~  |  「思う存分、闘うがいい」 ~ジギングタックル更新~ »

コメント

こんばんは

毎度!
良いの買ったんやね、リテーナーとナットの間にシムプレート入れたらどう?
明日取引先にM7の左ねじ無いか聞いとくわ。

白ねこ #- | URL | 2014/01/13 17:30 * edit *

白ねこさん、こんにちは~。

色々と聞いていただいたのに、やっぱり超マニアックなナットなんですね~。シマノさんも、それなりの理由を持ってM7を使用されているんだと思いますが、汎用性が高い部品を使用して、メンテや価格の面でユーザーに優しくしてくれればな~って思います。

何か良いアイデアがないかな・・・・。

donfan #mQop/nM. | URL | 2014/01/19 14:19 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/86-f5bdc1a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)