07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

日本海丹後半島沖オフショアジギング ~気難しい魚群との戦い~ 


01-cwmsjp_00.gif
 久しぶりの日本海釣行を目前にして、桜の季節だと言うのに日本海は真冬の波浪を彷彿とするかの如く、北風に煽られて猛烈に荒れている。土曜日の釣行日に向けて、徐々に回復する傾向にあるものの、かなり微妙な状態で、船が無事に出航できるかどうか、かなり怪しい。本来であれば、前日である金曜日の夕方に現地に入り、仲間と釣り談議に花を咲かせつつ、酒宴を繰り広げる予定であったが、出航が危ういため、船長と相談の後に、釣行当日の午前中に現地に入ることとなった。


02-cwmsjp_08.gif
 午前9時の波浪予報。丹後半島付近には、まだ波が残っていることが分かる。海が荒れる前、または海が荒れた後は爆釣が予想されるだけに、都合よく勝手に期待が高まるが、冷静になって過去の経験に基づくと、決して油断はできない。頭で爆釣をイメージしたり、厳しい状況をイメージしたりして、準備を進めている過程もこれまた楽しい。


03-20140322_04.jpg
 午前6時半頃に神戸を出発し、目的地に近いコンビニで休憩を取り、現地に午前9時半頃に到着した。今回は、職場の仲間6人で船をチャーターすることになった。今回お世話になるのは、網野町の浅茂川漁港を拠点にしているオーシャンズ。オーシャンズの船長である由良さんは、脱サラしてフィッシングガイドの世界に入って来られたと、オーシャンズのHPにあった。なるほど、他の船長と異なり、実に柔和で低姿勢なのは、そういうことだったのかと納得。


04-20140322_10.jpg
 浅茂川漁港を出航し、左右からせり出す防波堤を縫うように抜けると、港外側の消波ブロックに力強く波が弾けて、水飛沫がヒラヒラ舞っている。幾分弱まってはいるものの、雑な波が船を揺さぶる。15分ほどで最初のポイントに到着するも、なかなか魚群を捉えることが出来ない様子で、周辺を右往左往しつつ、ようやくハマチの群れを捉えるも、どうやら海底にべったりと張り付いているようだ。最初のジグの投入で、この海底べったりの饅頭のような形の魚群が、トンガリハットのように三角形に盛り上がれば、活性が高いという証拠であり、その結果がロッドに明確に表れるはずなのだが、どうやら饅頭のままのようだ。水深は60m。久しぶりの日本海ジギングのスタートとしては、ちょうど良い準備運動になって良い。海の濁りが気になるなと思いつつ、心地よい重量感のジグを操作する。船長曰く、魚群が少し反応して盛り上がったとのことだったが、バイトは無く、苦戦が続く。

 魚群を捉えるとドテラ流しで魚群に近づくが、風が強く、船が流される速度が速いのと、すぐに魚が散ってしまうようで、なかなかじっくりと狙うことが難しい。数投、数分で船のポジションを整え直すことになるので、なかなか集中してロッドを操れない。



05-20140322_06.jpg
 あまりにハマチの反応が無いので、底物を狙ってやろうと思い、ダイワTGベイト100gで底付近を集中的に攻めると、微妙にロッドにアタリが表れた。程なくして、お馴染みのカサゴが姿を現した。


06-20140322_11.jpg
 ロッドを操っているより、移動している時間の方が長い。網野沖から白石グリの西側に移動する道すがら、ヒラマサのポイントも攻めるが、ウンともスンとも言わない。干潮からの上げ潮で、これから徐々に活性が高くなるだろうと、前向きに言ってはいるものの、ここまでバイトが無いと、脳裏に最悪の事態を想像してしまう。最初は軽口を叩いていたが、徐々に会話が少なくなる。


07-20140322_13.jpg
 今回、初挑戦のノロ。出航後、1時間もしないうちに目がトロリ、涙目、ナマ欠伸状態となり、遂に船酔いで具合が悪くなりキャビンでお昼寝。ところで、オーシャンズのキャビンは、非常に広くて清潔。更に船首にも空間がある。キャビンには、電子レンジ、ポット、エアコンが装備されていて快適なのだ。また、インスタントコーヒーなども用意されていて、心遣いが垣間見える。遊漁船は往々にして狭くて汚いが、このオーシャンズはこの限りではない。


08-20140322_15.jpg
 I氏とY氏がツバスを1本ずつ釣り上げ、遂に魚の活性が上がり、爆釣モードに突入するのかと思いきや、またもや沈黙。まずはなかなか魚群を捉えることが出来ない状態であるのと、仮に魚群を捉えてもこじんまりとしていて、更には海底に饅頭状態でべったりと張り付いている。


09-20140322_16.jpg
 丹後半島の先っちょ、経ヶ岬の白亜の灯台を遠目に見つつ、気持ちの良い潮風を浴びつつ、無心で機械のようにロッドを操作するものの、魚信は無い。丹後半島沖の魚達が、大挙して何処か遠いところに移動してしまったのだろうか。事前の予報通りに、波は徐々に穏やかさを取り戻してきているが、我が心はメラメラ穏やかではない。


10-20140322_17.jpg
 太陽が橙色に変化しつつ、水平線を目指して落ちてきた。いよいよ後が無い。数か所のヒラマサのポイントを攻め、小規模の魚群を攻め、一瞬で通り過ぎ、船のポジションを整え、今度こその気持ちで攻め、移動してまた攻めて、そして天を仰ぎみて、経ヶ岬から網野沖まで戻ってまた攻めて、やることはやったが全くアタリなし。午後6時前に無念痛恨の納竿となった。自然を相手にしていると、こんなこともあるのだなと、改めて痛感したのであった。他船からの情報によると、どの船も苦戦したとのこと。


12-20140322_29.jpg
 大型のクーラーボックスには、I氏が捉えた貴重なツバスが1匹。


■釣行データ
 釣行日:平成26年3月22(土)
 潮回り:小潮
 天気:晴れ
 時間:午前10時過ぎ出船、午後6時帰港
 ポイント:網野沖~丹後半島白石グリ手前
 釣果:(外道のカサゴ)
 利用した船:オーシャンズ http://www.oceans2009.com/


■潮汐
13-20140322_2823_03.png
出典:Tide736.net(http://tide736.net/


■使用タックル
(1)ジギング用
 Rod: Shimano Ocea Jigger S584
 Reel: Shimano 2013 Stella 8000PG
 Handle: Studio Ocean Mark, NO LIMITS08SW10000/8000
 Spool: Studio Ocean Mark, 08SW8000
 Line: PE 4号
 Leader: 50lbs.
(2)ジギング用
 Rod: Shimano Ocea Jigger S603
 Reel: Shimano 2013 Stella 8000HG
 Handle: Studio Ocean Mark, NO LIMITS08SW10000/8000
 Line: PE 4号
 Leader: 50lbs.
(3)ジギング用
 Rod: DAIKO Jacker JB-60/3
 Reel: SHIMANO Ocea Calcutta301HG
 Line: PE 2.0
 Leader: 30lbs.

■ヒットルアー
 ダイワ TGベイト 100g

11-20140322_21.jpg
スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 日本海丹後半島沖オフショアジギング ~春の日本海、小型ジグふわり釣法~  |  シマノ・オーバーホールキャンペーン ~これを機会に少しだけリール回顧録~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/90-9f88fc00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)