05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

日本海丹後半島沖オフショアジギング ~春の日本海、小型ジグふわり釣法~ 


 街の景色はピンク色の淡い花弁に包まれて、いよいよ春の到来を思わせる。これに水を差すかのように、毎年のことだが春一番が吹き、冷たい雨粒が木々を叩き、ヒラヒラと舞う花弁を見ては、切なく感じるのは、やはり季節の変わり目であり、別れの季節だからかも知れない。日本海の波浪状況を見ると、2週間前と同じく、週末に向けて荒れ狂い、金曜日の夜半をピークにして、徐々に穏やかな春の海へと変化を遂げる、と報じている。またもや土曜日に釣行が出来るかどうか微妙な状況であり、金曜日の夕方の花見に参加するか否かを思案しつつ、“釣り”と“花見”の2つを奇妙な天秤にかける。夜の黒い寒空を見上げると、そこには満開の桜。綺麗だなと、桜を話題にするのは最初だけで、花より団子に変わり身するのは既に分かっているけど、花見も捨てがたい。

 午後7時、“明日、出航する”とのメール。念のため花見には参加せず、自宅で待機していたものの、内心は欠航するだろうなと予測をしていて、欠航との連絡が入れば、即座に花見に馳せ参じる予定であったが、出航するとなれば、現地に金曜日中に入っておきたい。慌てて準備にかかる。午後9時、西宮市のY氏宅を経由し、一路、京丹後市を目指す。迷いに迷って午前零時に船長宅に到着。今回は、船長のご厚意で船長の実家に泊めて頂けることになった。外の気温はぐっと下がり、ビールを飲んで震えてしまう。午前2時に就寝。


01-20140405_01.jpg
 午前8時半に浅茂川漁港に到着。港内は静穏度が保たれていて、雨の予報が晴れに変わったこともあり、実に気持ちの良い朝となった。


02-20140405_02.jpg
 一方、港外側に目を向けると、防波堤の消波ブロックに波が打ち寄せて、霧のような水飛沫が高く、高く、空に舞っている。乗船者は、Y氏、N氏と私の三バカトリオと明石の某ジギング船の船長、そして神戸市北区から来られた方の合計5名。当初は10名の予定であったが、直前になって5名のキャンセルが出たとのことで、結局、5名での出船となった。タックルやクーラーボックスなどを積み込んで、いざ出船。

 10秒ごとに波頭が押し寄せる。日本海にしては長周期の波が船を上下に大きく揺さぶるが、思いのほか波の状況は悪くない。程なくして最初のポイントに到着。魚探には、ボトムにへばり付くようにして魚群が映っている。右舷を風上にして、ドテラ流しの状態で釣り開始。5名とも右舷に陣取って、ジグを投入する。水深は50メートルほど。ジグが着底すると、ボトムから10メートルまでの範囲を中心にジグを操り、そして再度、ジグを着底させる。これを繰り返し、繰り返し行うと、右舷側に風を受けているため、ラインがどんどん斜めに入る。魚がジグにじゃれつくようなアタリが何度かあるが乗らない。

 船のポジションが整えられ、二度目の流しに入る。今度は船首が180度回転したため、左舷側に陣取ることになる。魚の活性が低いのか、海が荒れた後で警戒心が強くなっているのか分からないが、食いが浅いようなので、ジグのサイズを一気に小さくして、TGベイト100g(緑金)に変更する。通常、日本海の大物狙いで、このような小さなジグを使用することは無いが、捕食しているベイトが小さいかも知れないと思い、試してみることにする。
ベイトタックルで、ボトムを集中的に攻める。ジグを浮かせてドリフトさせるようなイメージで、柔らかく、柔らかくジグを操ると、ジグがふわりと浮いた。すかさずラインを巻き取り、腕を掲げて慎重にフッキング。ロッドにジワリと重さが加わり、そしてスプールがズルズルと滑りだした。ロッドのグリップを脇に挟み込んで、久しぶりの重量感を楽しむ。


03-20140405_04.jpg
 数分のやりとりの後に姿を現したのは、どちらかと言えば、ハマチ寄りのメジロ。今回は、鰤狙いのために、やや大きさに不満があるものの、久しぶりの魚に大満足。何より開始早々にボーズを回避できたことで、肩の荷が一気に下りた感覚だ。

 10分~20分ごとに船のポジションが整えられる。1匹目を釣った際の攻め方が正しいかどうかを試すために、再度、TGベイトをボトム周辺で柔らかく操り、ジグをふわりと柔らかく浮かせた瞬間に反応があった。ロッドが絞り込まれ、ベイトリールのスプールがズルズルと滑る。底付近では、トルク感のある重量感が伝わり、中層まで浮いてくるとロッドティップが小刻みに揺さぶられ、表層付近に銀鱗が舞うと鋭い動きで大きくロッドを絞り込み、スプールからラインを引き出してくれる。まずは、TGベイトのドリフト釣法で4本のメジロをキャッチ。船尾に陣取る某ジギング船の船長、もう1人の方も同様に、小型のジグでボトム付近を柔らかく攻める方法で着実に数を重ねる。今日は、緑金がヒットカラーのようだ。


04-20140405_06.jpg
 海面付近で翻った魚体の黄色のラインが鮮明だ。もしやと思いきやヒラマサだ。某ジギング船の船長が、高級魚として名高いヒラマサをキャッチした。未だ、ヒラマサを釣ったことがない我が身にとって、ヒラマサと船長を交互に羨望の眼差しで食い入るように見る。

 船に船長が2名いるので、ややこしいが、オーシャンズの船長によると、時折、漁礁があるポイントを流しているので、ヒラマサが居る可能性も高いとのこと。俄然にヤル気が出る。聞くところによると、メジロを釣るときのアクションと、ヒラマサを釣るときのアクションは異なると言うことで、受け売りで言えば、ヒラマサを釣るときのアクションは、ジグをワンピッチ&ワンジャークで規則的に操ることがキモであり、ステイの際にジグを完全に真横に向ける必要があるとのこと。


05-20140405_08.jpg
 TGベイトを底まで落とし込んで、小さくワンピッチ&ワンジャークで数回動かしてから、柔らかくジグを浮かして数秒間止める。やはり同じパターンで魚が喰ってくる。完璧にパターンにハマっている状態であるが、久しく迷走する釣りばかりだったので、なんだか気持ちが良い。数分後にネットに収まったのは、魚体の側線部に黄色のラインが輝き、胸鰭、背ビレ、尾鰭の端も黄色が鮮やかな魚であった。船長に確認してもらうと、憧れのヒラマサであった。感無量。


06-20140405_11.jpg
 ある程度、魚を確保することが出来たので、スピニングタックルで別の釣り方をすることに。ジグは、CB-ONEの160g(緑金)。底を取ってから、ショートジャークにロングジャークを混ぜる。鋭い動きに魚が反応出来ていない様子なので、スローに動かす。ジグが着底して、1度目のロングジャークで、ジグの重量感が失われるような違和感がロッドに伝わってきた。ラインを巻き取って、しっかりとフッキングを入れると、時折、ドラグからチリ・・・チリ・・・と甲高い音が鳴る。メジロが姿を現した。


07-20140405_12.jpg
 徐々に波が穏やかになり、暖かい春の日差しと冷たい潮風が混ざり、とても気持ちが良い。ラーメンを食べたり、温かいカフェオレを飲んだり、餡パンを食べたり、飴をなめたりしていると、次第に瞼が重くなり、脳の活動が緩慢になり、そしてキャビンに寝っ転がって、午睡へと突入した。どのくらいの時間が経過したか分からないが、船長の発するマイクからの声で目が覚めた。どうやらハマチの群れが上ずっていて、良い反応を示しているようだ。冬眠から覚めた熊のように、キャビンから抜け出した。


08-20140405_16.jpg
 鉛色に変色した分厚い雲が陸を覆っていた。一雨来るのかも知れない。


09-20140405_17.jpg
 後半戦に一発、大物を仕留めたいところであるが、どうやらハマチの群れの活性が高いようで、まずはハマチが反応してしまう。なるべく、ハマチが反応しないように、キビキビ鋭い動きを抑えて、上ずったハマチの群れを避けるようにボトム付近を集中的に攻めるが、活性の上がったハマチにとっては、そんなことはお構いなし。2本のアシストフックに2匹のハマチがヒット。次回の勝負に備えてリリース。


10-20140405_20.jpg
 魚の胃袋から出てきたわずか6~7cm程度のイカ。魚を殆ど捕食しておらず、どうやらイカがメインベイトらしく、それ故にTGベイトがハマったのかも知れない。


11-20140405_21.jpg
 午後4時半に納竿となったが、後半戦の夕暮れ時に、大物との一戦があろうかと期待したが、残念ながら尻すぼみの終了となった。


12-20140405_22.jpg
 本日の釣果。オーシャンズの船長の依頼により、このような状態に魚を並べて記念撮影。左側がN氏の釣果。何と聞けば、私が午睡で怠けている間にも、着実に釣果を伸ばし、このメジロ4本に加えて、ハマチ15本を仕留めたとのこと。右側が私の釣果。


■釣行データ
 釣行日:平成26年4月5(土)
 潮回り:中潮
 天気:晴れ
 時間:午前9時出船、午後4時30分ごろ帰港
 ポイント:網野沖~久美浜湾沖
 釣果:ヒラマサ1匹、メジロ5匹、ハマチ4匹
 利用した船:オーシャンズ http://www.oceans2009.com/


■潮汐
17-20140405_2823_03.png
出典:Tide736.net(http://tide736.net/


■使用タックル
(1)ジギング用
 Rod: Shimano Ocea Jigger S584
 Reel: Shimano 2013 Stella 8000PG
 Handle: Studio Ocean Mark, NO LIMITS08SW10000/8000
 Spool: Studio Ocean Mark, 08SW8000
 Line: PE 4号
 Leader: 50lbs.
(2)ジギング用
 Rod: Shimano Ocea Jigger S603
 Reel: Shimano 2013 Stella 8000HG
 Handle: Studio Ocean Mark, NO LIMITS08SW10000/8000
 Line: PE 4号
 Leader: 50lbs.
(3)ジギング用
 Rod: DAIKO Jacker JB-60/3
 Reel: SHIMANO Ocea Calcutta301HG
 Line: PE 2.0
 Leader: 30lbs.

■ヒットルアー(左から4本)
13-20140405_25.jpg
 ・ダイワ TGベイト、100g(緑金):ヒラマサ1、メジロ4、ハマチ2
 ・CB ONE Zero 1、160g(緑金):メジロ1
 ・ハヤブサ Fina St Rush 、120g(赤金):ハマチ1
 ・Victory 白石仕様:ハマチ1



14-20140406_30.jpg
 メジロ(ハマチ、鰤)とヒラマサを見分ける際に、一番確実で簡単な方法は、上唇の角の形状を比較すると言うもの。上唇の角が直角に鋭く尖っているのがメジロ(左側)、そして上唇の角が丸く彎曲しているのがヒラマサ(右側)。また、魚体(断面)は、メジロの方が丸く、ヒラマサの方が細長い。鱗の数(大きさ)も異なるようで、メジロの方が細かく、ヒラマサの方がやや大きくて、硬い。


15-20140406_34.jpg
 メジロとヒラマサの刺身。一見すると違いが無いが、ヒラマサの方が身が白く、身に歯ごたえがある。自分は刺身を食べることが出来ないので、家族に刺身の味を判定してもらったところ、何とメジロの方が美味しいとのこと。


16-20140406_36.jpg
 ヒラマサのカマの塩焼き。クセが無く食べやすく、非常に美味い。


スポンサーサイト

テーマ: フィッシング

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

« 神戸市北区野池 フローターでバスフィッシング ~初夏の風、至福の週末を~  |  日本海丹後半島沖オフショアジギング ~気難しい魚群との戦い~ »

コメント

こんにちは。

こんにちは。Akiです。
順調に活動されているようで羨ましいです。
こちらもやっと週末あたりから活動出来そうですが、
春ブリ釣りたいですね~。
ベイトはすでに小イカなんですね。参考になります。
4月、5月とアルバに予約を入れておりますので、
いつの日かふとお会いするかもしれませんね。(笑)

Aki #- | URL | 2014/04/10 12:13 * edit *

akiさん、こんばんは~。

久しぶりの釣行でしたが、天気も回復して、なかなか気持ちの良い1日でした。トーナメントが始まっていることもあり、巨鰤を狙っていたのですが、なかなか思い通りにはならないもので、結局は目先の釣果を優先してしまいました(笑)


アルバ釣行されるんですね。是非、春の巨鰤を!

>いつの日かふとお会いするかもしれませんね。(笑)
その際には、どうぞ宜しくお願いします!

donfan #mQop/nM. | URL | 2014/04/10 19:17 * edit *

こんばんは!

こんばんは、この前はありがとう!
以外とヒラマサは美味しくはなかったやね。
次回は、ヒラマサを沢山釣ってお土産よろしくです(笑)

白ねこ #- | URL | 2014/04/16 00:10 * edit *

白ねこさん、こんばんは。

やっぱりハマチって庶民の味なんでしょうね。我が家には、ちょうど良いみたいです。でも、ヒラマサのカマを塩焼きにしたら、これまた最高でした。

狙ってヒラマサを釣ることが出来たらイイんですけど。また釣れたらもらってくださ~い。次回はいつになるやら・・・・。

donfan #mQop/nM. | URL | 2014/04/17 21:35 * edit *

はじめまして

はじめまして
別冊 飛鮒会通信のYUTKUNと申します
タイトルの
「オレノスタイル」に惹かれ来てしまいました
いや~楽しそうです・・・美味しそうです・・・
自分は全くジャンル違いの手竿で鯉を釣っているのですが
まあいうなればこれがスタイルなので・・・
(単純に近くの川だと奥さんに怒られないのでが正解)

また遊びに来て過去の記事も踏破したいと思います

ジギング楽しそうです

YUTKUN #- | URL | 2014/04/23 16:51 * edit *

YUTKUNさん、書き込みありがとうございます。

「別冊 飛鮒会通信」って?と思い調べてみますと、YUTKUNさんのブログに辿り着きました。なるほど、鯉を専門に狙っておられるんですねっ。

http://1192apuarius.blog.fc2.com/

今までに、オレスタには、主に同じようなジャンルの釣りをする方から書き込みを頂いており、「鯉」釣り師の方は初めてで、新鮮な気持ちでブログを拝見しました。様々な魚種がいて、様々な釣法があり、さらに様々なアプローチの仕方があるので、釣りは本当に奥が深いなと思います。それぞれが、それぞれのスタイルで釣りを楽しむことが出来るのが、釣りの魅力です。

私の釣りは、いつも、いまいちツメが甘いんですが、釣果重視と言うよりかは、それまでのプロセスを楽しむと言うことにしています・・・。釣れなくても、それまでが楽しければOKっと・・・・。

なかなか頻繁には釣行出来ず、ブログの更新もボチボチなんですが、お時間のあるときに、またご覧くださいましっ。

donfan #mQop/nM. | URL | 2014/04/23 23:53 * edit *

ありがとうございました

ご訪問いただいた上にコメントまで
残していただいてありがとうございました。

なかなか他種の釣りを見る機会がないため
ちょくちょく遊びに来たいのでリンクに貼ってもよろしいでしょうか?
よろしくお願いいたします

YUTKUN #- | URL | 2014/04/24 18:00 * edit *

YUTAKUNさん、こんばんは!

リンクを貼って頂けるとのこと、宜しくお願い致します。

こちらもリンクを貼らせて頂きます!

donfan #mQop/nM. | URL | 2014/04/25 20:50 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/91-09ed533f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)