08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

Infiorata Kobe Kitanozaka 2014 ~インフィオラータ神戸北野坂2014~ 



01-20140503_09.jpg
 息子が通う小学校のクラスメイトが描いたデザインが、インフィオラータの絵として選ばれたということで、インフィオラータが開催される当日である5月3日に、絵を作るボランティアとして北野坂に出かけることとなった。


インフォラータ
http://www.infiorata88.com/

※“インフィオォラータ”とはイタリア語で“花をしきつめる(花の絨毯)”という意味があるとのこと。パンフレットなどによると、インフィオラータに使用される大量のチューリップの花弁等は、新潟県で球根栽培のために処分されるチューリップを提供して頂いて、それを見事に二次利用するというもので、このアイデアに感心しきりである。

※このイベントは、1995年(平成7年)に発生した阪神・淡路大震災の復興イベントとして始まったもので、花絵の原画は、全国からの一般公募の他に地元企業や市民団体の方々から寄せられたデザイが採用されている。今や国内でも色々な場所で同様のイベントが開催されている。


02-20140503_05.jpg
 北野坂。神戸の異人館付近を象徴する通り。午前9時過ぎに北野坂に到着するとすでに作業が始まっていた。普段、北野坂はアスファルト舗装の二車線の道路であるが、インフィオラータのイベントのために道路に芝生が敷き詰められていて、普段とは見違える風景に驚き。芝生の上に白い布地を敷いて、それを木枠で固定して、この巨大なキャンバスに花で絵を描くのである。


03-20140503_13.jpg
 白い布地に下書きがされていて、下書きに沿って、園芸などで使用する木のチップを用いて、まずは輪郭を形成する。


04-20140503_31.jpg
 段ボール箱には大量のチューリップが入っている。それを取り出して、学校の先生やクラスメイトと一緒になって、花弁を丁寧に外す作業に参加。色とりどりの花弁に包まれて、さぞ良い香りが漂っているのかと思いきや、昔に野菜の収穫をした時のような青い匂いが充満している。


05-20140503_33.jpg
 花弁を敷き詰めていく。作業をしている人達は、皆、笑顔に満ち溢れている。


06-20140503_08.jpg
 北野坂にあるスターバックス・コーヒー神戸北野異人館店。昭和52年放送のNHK朝の連続ドラマ「風見鶏」と縁があるコロニアル様式の洋館で、異人館ブームのきっかけになった建物だとか。子供達の作業が目の前で見えるので、親達は、作業には参加せずに珈琲を飲みながら、束の間の休息。


07-20140503_20.jpg


08-20140503_32.jpg
 順調に作業が進み、絵柄が明らかになってきた。パンダに天津。


09-20140503_39.jpg
 昔ながらの木枠の窓をゆっくりと開けると、春の柔らかい風がふわりと吹き抜ける。


10-20140503_26.jpg
 レミントンのタイプライター。「QWERTY」式と言われる文字の配置を確固たるものにしたアメリカのタイプライター。お手元のパソコンのキーボードの左上の文字を「Q」から順番に読んでみると・・・。


11-20140503_44.jpg
 2時間程度で完成。お見事。

 この界隈には、昔から多くの外国人が居住している。息子の小学校にも、多くの外国人もしくはハーフの子女が在籍しているので、てっきりこの絵柄を考案した生徒もそうかと思いきや日本人であった。


12-20140503_49.jpg
 作業を終えて帰宅する途中の「西播磨ふるさと特産館」に立ち寄ると。


13-20140503_48.jpg
 何とも不思議なのぼりを発見。日本伝統のカードゲームのようだが、微妙に文字が違うような気がするし、コロッケの文字も見える。もしや。


14-20140503_47.jpg
 猪鹿鳥が入ったコロッケ。恐る恐る食べてみると、以外にもこれが美味いのだ。


15-20140503_51.jpg
 異人館界隈にはレンガ積みの建物や壁が多い。


16-20140504_54.jpg
 翌日の5月4日、あらためて北野坂のインフィオラータのイベント会場に足を運んでみた。多くの観光客で賑わっている。


17-20140504_60.jpg
 スズキコージさんの「絵本の世界」。青色だけで、こんなにも表現が出来るんだなと感心。


18-20140503_52.jpg
 神戸市の消火栓。神戸を象徴する物が勢揃い。


19-20140504_62.jpg
 異人館付近にある交番。


20-20140504_64.jpg
 清々しい1日が始まった。



スポンサーサイト

テーマ: 神戸

ジャンル: 地域情報

[edit]

« “神戸メリケンフェスタ”と“相楽園” ~気ままに春散歩~  |  神戸市北区野池 フローターでバスフィッシング ~初夏の風、至福の週末を~ »

コメント

こんばんわ

こんばんわ
写真の角度とか撮り方うまいですよね・・・
ていうか色味とか格好イイし
同じデジカメ???
自分も今度からちょっと真似して斜め撮りとかしてみようかな?

でもダメでしょうねセンスの問題だろうなきっと
買ってからまだただ撮ってるだけなので
今更ながらもう少しいじってみようかな?

今回のブログはデジカメ忘れて携帯で撮ってるから
内容共々グズグズですよ

YUTKUN #- | URL | 2014/05/07 19:33 * edit *

YUTKUNさん、こんばんはっ。

私もオリンパスTG-2を愛用してますよ。
なかなか機能を使いこなせてませんが、カメラを傾けたり、モードを変えたりして、難儀しながら撮影しています。自分が思い描く画像を撮影することが出来れば、さぞ楽しいだろうなと思います。少しずつ、スキルアップ出来ればなと。それより釣りの腕を・・・(汗)

ブログの画像を拝見しましたが、イイ味が出ていると思いますよ~。
ミックスの鯉を初めてみました・・・あんな魚がいるんですね!驚きです。

donfan #mQop/nM. | URL | 2014/05/09 00:57 * edit *

こんにちは

いやー頑張って色々撮ってみます
このデジカメ以外に陰影というかコントラストはっきり出ますよね

近縁種というかほとんど違いがないので
ミックスの鯉いるんですよ
あまり混ざりすぎると気持ち悪いですよね

YUTKUN #- | URL | 2014/05/09 11:24 * edit *

YUTKUNさん、こんばんは。

GWが終わってしまい、忙しい日々が始まると思うとテンション下がっちゃいます・・・。この土日が束の間の休息。

 鯉の場合は、ミックスがあり得るんですね。先日、日本庭園にある池で錦鯉を多数見ましたが、その中にドイツ鯉がいました。近くで見ると迫力があります。中国には、「こう魚」(こう=魚へんに皇)がいるようなのですが、ドイツ鯉にそっくりですよ。

donfan #mQop/nM. | URL | 2014/05/10 22:00 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://orenostyle2011.blog.fc2.com/tb.php/93-62ff9778
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)